コペンパーツショップ コペンチューニングパーツをラインナップしています
コペンパーツの館
コペン用のチューニングパーツをラインナップしていますのでご覧ください。

コペン用R-VIT
コペン適合のR-VIT

ECUからの信号をモニタリングできるパーツです。瞬間燃費、平均燃費も知る事が出来る便利なパーツです


コペン用DスポーツECU
コペン用ECU

コペン用DスポーツのECUです。コペンの出力を大幅に向上させます。購入の際はコペンの年式エンジン型式など適合がありますのでご注意ください。


コペン用レーシングサクション5
コペンレーシングサクション

コペン用吸気パーツ。レーシーな吸気音に変化すると共に吸気量が変化します。燃調と併せてチューニングすることで真価を発揮します。


コペン用マジックタンク
コペン用マジックタンク

DIYで取り付け可能なお手軽ブーストアップパーツ...マジックタンクです。ブーストレスポンスの向上が見込めます。ハイブーストECUに交換すれば最大ブースト圧も上げられます。


コペン用 ボルクレーシングホイール5
コペン用軽量ホイール

ホイールの軽量化は車体の軽量化の数倍の効果があります。コペンをさらに軽快に走らせるにためには軽量ホイールが最適です。


コペン用純正交換タイプエアフィルター
コペン用純正交換エアフィルター

交換作業簡単で吸気量向上します。純正形状なので燃調のズレの心配もありません。


コペン用吸気効率向上エアクリボックス
コペン吸気効率UPエアクリボックス

オールステンレス製で、前面パネルをバフ仕上げすることで高品質をアピール。面倒な加工もなくスッキリ装着できます。


コペンブログ過去記事検索


- コペンブログ過去記事 -

0428 コペン ルーフOPEN走行

0421 桜満開 コペンの季節

0405 コペン生産終了の知らせ

0317 コペンノーマルタイヤへ交換

0222 晴天 コペンの洗車を実施

0128 コペン大雪での走行

0104 2012スタート スノーボードへ

- 2011コペンブログ過去記事 -

1230 コペンスタッドレスタイヤ交換

1204 スタッドレスタイヤ交換見合わせ

1116 信州冠雪エンジンフィーリング変化

1113 晩秋のコペンドライブ

1009 コペン洗車とエンジン回し

0821 コペン加速時の吸気音を収録

0814 コペンのブースト圧を下げる

0714 コペンのブレーキキャリパー塗装

0702 エアークリーナー購入・交換

0608 3OPENCARドライビング

0601 コペンの錆び落としと塗装作業

0520 カプチーノとOPENドライブ

0515 コペンの異音対策(グリスUP)

0424 車載カメラ固定方法の改良

0414 車載カメラ取り付け方法の見直し

0326 PC新調 コペンHD動画の撮影

0226 コペンの洗車とタイヤ交換

0207 コペン7年経過 3回目の車検

- 2010コペンブログ過去記事 -

1219 ナンカンスタッドレス走行評価

1213 コペンスタッドレスタイヤ購入

1206 コペンドライブ 雪道で断念

1121 コペン冬タイヤの検討

1011 コペンで安曇野散策

0928 気温低下コペンの燃調を変更

0919 コペン動画用カメラを購入

0913 秋の気配 新しいカメラの検討

0831 コペン夜の動画撮影テスト

0809 コペンの動画を公開

0726 コペンノック補正値が高い

0711 コペンのエンジンルームを掃除

0706 コペンで蛍を見に行く

0701 コペン運転中雷雨に遭遇

0619 コペンの洗車とオイル交換

0531 最近のコペンの燃費

0508 コペンにボード積み込み成功

0504 GW終了。コペンの給油

0425 コペンの内装をワックスがけ

0417 初夏と真冬の1週間

0407 コペンで日帰り温泉

0404 コペンお出かけ日和

0313 コペン任意保険変更

0212 コペン任意保険検討

0127 大雪コペンドライブ


- 2009コペンブログ過去記事 -

1125 コペンバッテリー起電力低下

1023 栃木日光への旅

1011 コペン紅葉ドライブ

0927 新居へ移転後、コペン故障

0910 冷え込んだ早朝出勤

0731 コペンドライブゲリラ雨に遭遇

0718 インフィニティーとコペン

0710 コペンのエアクリ点検

0630 コペンの燃料を考察...

0620 岐阜を満喫した旅

0612 夜にコペンのエンジン全開!

0606 コペンのエンジンが不調気味

0601 コペンの自動車税を納付

0520 初夏。コペンで高原巡りを

0508 GWコペンドライブを楽しむ

0427 コペンの冷却水配管を点検

0413 今年初コペンopenドライブ

0408 桜を求めて南へ旅

0321 コペン解禁。峠攻め

0310 コペンシフトノブ交換完了...

0227 コペンシフトノブを購入

0213 コペンシフトノブ新調を計画

0123 コペン2回目の車検が完了

0117 コペン夜のドライブの出来事

0109 雪のためコペンを一時封印

0104 コペン塩カル落としを実施


- 2008コペンブログ過去記事 -

1231 年の瀬コペンドライブ

1221 来月はコペンの車検

1201 コペンで東京へ。

1121 冬場のコペン

1104 秋と冬のコペンドライブ

1019 栃木 鬼怒川温泉旅行

0929 コペンの燃調を変更(秋用)

0919 Myコペンを試乗してもらう

0906 念願のコペン草津旅行

0825 コペンopenドライブと清掃

0812 猛暑でのコペンの挙動

0802 友人のBMW135iに試乗

0730 コペンSサスへ変更完了

0722 コペン足回りの変更を検討

0716 コペンパーツ取付ラッシュ

0710 APEXオートタイマー取付

0704 コペンハイパーレブ3購入

0625 梅雨 Earth-1が効果を発揮

0612 コペンでは行けない秘境へ

0608 マジタン取付から2週間...

0530 マジックタンク最短距離化

0524 マジックタンク取付完了

0522 マジックタンクが手元に...

0518 コペン用マジックタンク購入

0508 GW最終日 コペン日和

0504 明日からつかの間のGW...

0429 コペンで久々に走りに...

0426 コペン大掃除!洗車...

0416 コペンの燃費が良く...

0406 コペンのプラモデル完成

0325 コペンのプラモデル発見

0321 オレcopeの先輩逝去...

0315 気温上昇コペンの季節

0315 コペン新品タイヤへ交換

0228 コペンタイヤ交換できず

0224 明日はコペンのタイヤ交換日

0212 コペンで行けなかった伊豆...

0207 コペンの夏タイヤを購入...

0202 氷点下10℃以下での...

0129 コペンエンジンかからず

0114 コペンを車庫から開放...

0108 コペン購入から早4年...

0101 あけましておめでとう...












SPONSORED LINKS
<< コペン マジックタンクホース類を最短距離化 | main | コペンでは進入不可能な秘境へ... >>
スポンサーサイト
コペン関連ページ
コペン試乗レポートへリンクします コペン試乗レポート
コペンの試乗レポートです。コペンのオーナーの方のコペンに対する率直な感想や、コペンの良い点悪い点などを挙げまとめてあります。
コペンガレージへリンクします コペンガレージ(Copen Garage)
コペンの紹介、コペンのチューニング、コペンを長持ちさせる方法などを紹介しています。
マフラー交換後のサウンドを動画で載せています。コペンガレージサイトマップ
コペンドライブ動画 コペンドライブ動画(You Tubeアップロード)
コペンの室内にカメラを設置して、各所コペンでドライブした様子やルーフOPENでの走行シーンを撮影しました。youtubeにアップロードして公開しています。
コペンの加速・走行性能動画(You Tubeアップロード) コペンの加速・走行性能動画(You Tubeアップロード)
コペンの加速性能や高速走行性能などの様子を車載カメラにて撮影した動画をyoutubeにアップロードして公開しています。動画は随時アップしていきます。

一定期間更新がないため広告を表示しています



コペンチューニングパーツ関連ショップ紹介

コペンエアロパーツ ニュルパーツ コペンエアロパーツ専門店 ニュルパーツ
コペンエアロパーツを扱っているお店です。
コペンのエクステリアパーツといえばエアロです。エアロの交換はコペンの雰囲気を大きく変える事ができるため、パーツの中でも人気があります。自分だけ個性的なコペンを作りたい、そんな方にはエアロパーツがオススメです。
コペンエアロパーツショップ ジェイモードエアロ Kcarエアロパーツ専門店 ジェイモードエアロ
Kcarのエアロパーツ専門店です。
コペンを始めKcarのエアロパーツがラインナップしています。コペンのエアロをお探しならこちらのエアロパーツ専門店がオススメです。
オンラインカーショップ オンラインカーショップ
コペンパーツが豊富なオンラインカーショップです。
コペンのマフラー、サスペンション、電子パーツ...etcのすべてがここで手に入ります。オンラインでは最大規模の通販店ですので、お探しのパーツはここで手に入れることができます。
愛車、ホイールをピカピカに ピカピカにしたいならKOZMEZ
愛車、ホイールをピカピカに保つクリスタルガードがあります。
車をキレイにピカピカにしたいという人にはクリスタルガードがおすすめです。ホイール用もあります。エクステリアを気にする人はクリスタルガードで悩みを解決できます。/font>

| - | | - | - | |
マジックタンク取付から2週間後のコペン...
コペン関連ページ
コペン試乗レポートへリンクします コペン試乗レポート
コペンの試乗レポートです。コペンのオーナーの方のコペンに対する率直な感想や、コペンの良い点悪い点などを挙げまとめてあります。
コペンガレージへリンクします コペンガレージ(Copen Garage)
コペンの紹介、コペンのチューニング、コペンを長持ちさせる方法などを紹介しています。
マフラー交換後のサウンドを動画で載せています。コペンガレージサイトマップ
コペンドライブ動画 コペンドライブ動画(You Tubeアップロード)
コペンの室内にカメラを設置して、各所コペンでドライブした様子やルーフOPENでの走行シーンを撮影しました。youtubeにアップロードして公開しています。
コペンの加速・走行性能動画(You Tubeアップロード) コペンの加速・走行性能動画(You Tubeアップロード)
コペンの加速性能や高速走行性能などの様子を車載カメラにて撮影した動画をyoutubeにアップロードして公開しています。動画は随時アップしていきます。

コペンにマジックタンクを取付けてから、約2週間が経った。この2週間の間、ほぼ通勤でのみのコペンの運転となったが、毎日通る道も同じなので、走行時の燃費の変化を観察し、加速時のターボレスポンス、アクセルの応答性など、やや長いスパンでのインプレとして、確実なフィーリングの違があった部分を自分なりに分析してみた。


コペンの変化
コペンの軽負荷エンジンレスポンスの向上


全体的な変化として、アクセル低開度(10〜25%)でエンジンレスポンスが向上した。2週間例外なく回転がストレスなく上がっていく気持ち良さを体感できた。今までは、回転の上昇に息継ぎがあったが、3000rpm付近で力強さを感じるようになり、町乗りは非常に楽しい。それに伴い排気音に若干の変化が現れ、音が全体的に小さくなったが、ノイズ的な音質が払拭され上品さを増した感じに変化。

個人的な見解として、エンジンフィーリングの向上に関して、マジックタンク装着で吸気管圧力(ブースト圧)抑制制御が鈍くなった事で、アクセル開度がそれほどなくても、ブースト圧が上がるようになった事が最大の要因であると思う。排気音が変化したのは、空燃比の変化などが考えられるが、確証がないため推測の範囲。

コペンの燃費の変化
コペンの燃費の変化


コペンの燃費の変化は、低負荷(アクセルをあまり踏まない時)ではやや+αに働くが、アクセルを踏み込む高負荷領域ではブーストがかかり易くなっており、それに見合っただけの燃料が噴射されるので、燃費がかなり落ち込んだ。しかし、その分加速感はかなり向上した。結果的にアクセルレスポンスの向上になるのだが、低燃費走行できる、アクセル開度の範囲が狭まった印象を受けた。


排気音の変化と燃費の向上を加味すると、空燃比は良好な範囲で、やや薄くなったのではと思われるが、コペンにはO2センサーで空燃比を補正するフィードバック機能があるので、こればかりは本当に推測の範囲。
マジックタンクの効果はトータル的に考えて、+の要素が大きい。当初はフルブースト圧の上昇に伴うパワーアップだけだと思っていたが、エンジンフィーリングのストレスがなくなり、回転がスムーズに上がるのは、個人的に非常におおきなメリットだった。




コペンチューニングパーツ関連ショップ紹介

コペンエアロパーツ ニュルパーツ コペンエアロパーツ専門店 ニュルパーツ
コペンエアロパーツを扱っているお店です。
コペンのエクステリアパーツといえばエアロです。エアロの交換はコペンの雰囲気を大きく変える事ができるため、パーツの中でも人気があります。自分だけ個性的なコペンを作りたい、そんな方にはエアロパーツがオススメです。
コペンエアロパーツショップ ジェイモードエアロ Kcarエアロパーツ専門店 ジェイモードエアロ
Kcarのエアロパーツ専門店です。
コペンを始めKcarのエアロパーツがラインナップしています。コペンのエアロをお探しならこちらのエアロパーツ専門店がオススメです。
オンラインカーショップ オンラインカーショップ
コペンパーツが豊富なオンラインカーショップです。
コペンのマフラー、サスペンション、電子パーツ...etcのすべてがここで手に入ります。オンラインでは最大規模の通販店ですので、お探しのパーツはここで手に入れることができます。
愛車、ホイールをピカピカに ピカピカにしたいならKOZMEZ
愛車、ホイールをピカピカに保つクリスタルガードがあります。
車をキレイにピカピカにしたいという人にはクリスタルガードがおすすめです。ホイール用もあります。エクステリアを気にする人はクリスタルガードで悩みを解決できます。/font>

| コペン 改造 | 13:31 | comments(6) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
コペン関連ページ
コペン試乗レポートへリンクします コペン試乗レポート
コペンの試乗レポートです。コペンのオーナーの方のコペンに対する率直な感想や、コペンの良い点悪い点などを挙げまとめてあります。
コペンガレージへリンクします コペンガレージ(Copen Garage)
コペンの紹介、コペンのチューニング、コペンを長持ちさせる方法などを紹介しています。
マフラー交換後のサウンドを動画で載せています。コペンガレージサイトマップ
コペンドライブ動画 コペンドライブ動画(You Tubeアップロード)
コペンの室内にカメラを設置して、各所コペンでドライブした様子やルーフOPENでの走行シーンを撮影しました。youtubeにアップロードして公開しています。
コペンの加速・走行性能動画(You Tubeアップロード) コペンの加速・走行性能動画(You Tubeアップロード)
コペンの加速性能や高速走行性能などの様子を車載カメラにて撮影した動画をyoutubeにアップロードして公開しています。動画は随時アップしていきます。



コペンチューニングパーツ関連ショップ紹介

コペンエアロパーツ ニュルパーツ コペンエアロパーツ専門店 ニュルパーツ
コペンエアロパーツを扱っているお店です。
コペンのエクステリアパーツといえばエアロです。エアロの交換はコペンの雰囲気を大きく変える事ができるため、パーツの中でも人気があります。自分だけ個性的なコペンを作りたい、そんな方にはエアロパーツがオススメです。
コペンエアロパーツショップ ジェイモードエアロ Kcarエアロパーツ専門店 ジェイモードエアロ
Kcarのエアロパーツ専門店です。
コペンを始めKcarのエアロパーツがラインナップしています。コペンのエアロをお探しならこちらのエアロパーツ専門店がオススメです。
オンラインカーショップ オンラインカーショップ
コペンパーツが豊富なオンラインカーショップです。
コペンのマフラー、サスペンション、電子パーツ...etcのすべてがここで手に入ります。オンラインでは最大規模の通販店ですので、お探しのパーツはここで手に入れることができます。
愛車、ホイールをピカピカに ピカピカにしたいならKOZMEZ
愛車、ホイールをピカピカに保つクリスタルガードがあります。
車をキレイにピカピカにしたいという人にはクリスタルガードがおすすめです。ホイール用もあります。エクステリアを気にする人はクリスタルガードで悩みを解決できます。/font>

| - | 13:31 | - | - | |
コメント
ちとご教授をお願いします

今日コペン用のtake-offマジックタンクが届いて

早速取り付けましたが パイロットスクリューの設定

が分かりません。

今度壮行会があるのですが 困ってしまいました。

具体的に サーキットまでの一般道は何回転

     スポーツ走行中は何回転

と教えていただくとありがたいです、

ちなみに D−SPORTSのECUに交換であとは

ノーマルです。(もちろんブーストメーターなんぞあ

りません)

二速〜四速使用でトップスピードは155k/hです。

あつかましですが よろしくどうぞ
| コペンとお散歩 | 2010/03/09 12:47 PM |
はじめまして。

マジックタンクについてですが、DスポのECU装着という事で、最大ブースト圧は1.3までとなります。

私の場合、反時計回りに3回転半回して、ブースト1.2となっています。これ以上回してもあまり効果がなかったと私自身感じていたので、ピークパワーを追求するサーキット仕様として考えていただければと思います。


サーキットまでの道は標準的に2回転程度でよいと思います。私自身感じたこととしては、ピークよりは、中速でのブーストの立ち上がりがよくなった感じがしました。

参考になりましたら幸いです。



| オレcope | 2010/03/10 5:48 PM |
ご返答有難うございました。

おれcopeさんの数値を基準にして

自分に合った あるいはサーキットに合った

ブーストを探してみたいと思います。

そこでもう一つ質問ですが 取説には

ブースト圧の上げ過ぎはエンジン故障の原因となるた

め十分注意してください。

と ありますが、本当に壊れるのでしょうか?

DスポのECUの取説には 過給圧リミッター約1,3KPaと

ありますので 壊れる前にリミッターが作動するので

はないのでしょうか?素人っぽい質問なのかもしれま

せんがよろしくお願いします。


| コペンとお散歩 | 2010/03/11 4:18 PM |
こんにちは。

ブーストリミットについてですが、リミッターがかかるまでブーストを上げた事がないので詳しい事は申し上げれませんが、コペンの純正タービンの耐久圧は1.3Kpaくらいが限界だと言われています。難しい話は割愛させていただきますが、マジックタンクにてブーストを1.3まで上がるようにし、走行中なんらかの原因でブーストが一瞬規定値以上に跳ね上がるオーバーシュートが起きた場合、ブーストが1.3を超過してしまい、タービンやエンジンに高負荷をかけて傷める可能性があるのではと考えています。ブーストの上げすぎ注意はこのような意味を含むと思います。


たとえ1.3以内であっても、高ブーストはエンジンやタービンの負荷は大きいことには変わりないので注意が必要だと思います。

私が設定している3回転半は、前述のオーバーシュートが起きた時に1.2になっているので、実質走行中のブーストは、やや落ち着いて1.15くらいだと思います。

ひとつ注意していただきたいのは、ブースト圧は、エンジン水温が低い時、高すぎる時はブーストを抑える制御になりますので、この状態で高ブースト設定にすると、本調子になった時、ブーストが上がり過ぎて危険です。また、外気温が低い時はブーストが上がりやすくなるので、これも注意が必要です。

ノーマルから半回転ずつ試していただき、最高でも3回転以内にしていただくと安全だと思います。個体差などありますので、できればブースト計を装着していただいた方がよいかと思います。

こちらは取付当時の設定の記事になります。
http://copen.jugem.jp/?eid=154

ベストな設定が出るといいですね!
長々と駄文失礼いたしました。
| オレcope | 2010/03/11 5:07 PM |
大変参考になりました 有り難うございました。

これからも 時々お邪魔させていただき

ご教授をお願いすると思いますが その時は

またよろしくお願いします。

なお ぜひおれcopeさんに you tubeで見ていただ

けたらと思います 検索すれば一件だけヒットしま

す。

今のところ ECU交換だけで ブレーキポイント

クリッピングポイント等確認してる映像だけです

が、最終的にSタイヤでタービン壊れるまでブースト

あげてタイムを残せたらと思っています

(もう若くないのでここ一、二年がラストだと思い

ますので^^;)

でわ しばしのご無沙汰お許しあれ。
| コペンとお散歩 | 2010/03/12 7:17 PM |
早速youtubeにて拝見させていただきますね。
ブログはコペンに乗り始める春から更新を予定しています。

またお越しください。
| オレcope | 2010/03/13 10:29 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://copen.jugem.jp/trackback/157
トラックバック